Twitter / koiwazurai

カテゴリ:読書( 25 )

Twitter / koiwazurai
こんにちは。特にタイトルに意味はございません。

なるべくマメに更新しようと思っても生来の怠け癖&Twitterでつぶやく方が楽でツイツイブログ更新を滞ってしまいます。

そんな私のTwitterのIDはこちら→http://twitter.com/koiwazurai

とりあえず、商工会青年部の総会があったり。
c0163330_2127828.jpg


白根の大凧合戦でWeb配信するサイトを見つけたり
http://dobe4.blog74.fc2.com/blog-entry-39.html

我らが青年部・部長がブログを始めたり!(超重要)
http://ameblo.jp/hironakabun/

色々ありました。

んー、色々動きがあって楽しいです。
コレから白根の大凧合戦もありますし(凧は私はあげないんですけど)盛り上がってまいりました、ってところですね。


----------------------------------

湊 かなえさんの「告白」を読了。

うん、面白い。っというか興味深い。
でも人には薦めたくはないな。

誰に感情移入をするかで読み方・感じ方が変わってきます。

「こいつらは異常だ!」って割り切れる人はいないと思います、っていうのが感想。

図書館の待ち人数、225人くらいいました、この作品。

思わず買っちゃったよ(笑
[PR]
by f-yume | 2010-05-18 21:38 | 読書
Twitter / koiwazurai
c0163330_21165272.jpg


今年に入ってから12,3冊くらいしか読めてない・・・。

ペース落ちてますね。や、真面目に仕事をしてる証拠なのかもしれません(笑

今は有川浩さんの「図書館戦争」を読んでます。

んー、中々面白い。

明日には読み終わるといいな。


今日は「禁断のパンダ」という本も読んだのですが、こちらは好みじゃなくてとても気持ちが悪くなりました。

本も良し悪し。
[PR]
by f-yume | 2010-05-13 21:19 | 読書
Twitter / koiwazurai
昨年、神田でそのような祭りがあるのを知らずに気がついたときにはもう終わってたという切ない思いをしたkotoyoです(挨拶

http://jimbou.info/news/furuhon_fes_index.html

昨年から本を読み始めていたので、知らなくてもしかたないじゃない!

と、いう言い訳。


兎も角。

夜行バスで行ってきます。

片道3000円で行けるのですね、安いですねぇ。

新幹線に乗れるような裕福な人間では無いので、助かります。

そんなお金あったらお酒を買います(ダメ人間)
[PR]
by f-yume | 2009-10-20 19:08 | 読書
Twitter / koiwazurai
梅酒のお湯割り飲みながら本読んでました。

最近は特筆することもなく、日々の業務をこなしております。

あ、先日友人達と呑んでました。

高校時代の友人6人で「定例会」と称して鍋をつついておりました。

気の置けない友人というのは良いもんです。


しかし。

最近は花粉症に悩まされています。

目が痒いよ。

あぁぁぁ。


引きこもりが加速しますね。

今日は永遠の0 (ゼロ)を読みました。

久しぶりに読んで泣きましたね。

読む方は人のいないところで読みましょう。

現実の問題については思うことが多々あるので触れませんが、良い作品です。是非。






致命的にセンスの無い自分なのです。

どこかにセンスは落ちていないでしょうか。
[PR]
by f-yume | 2009-10-13 22:52 | 読書
Twitter / koiwazurai
10月4日に新津の英進堂にて古本市があるらしい。
PM1時から5時までだってさ!


心が惹かれたのは

「値引き交渉がOkなこと」


良いねぇ!
別に安く買いたいわけじゃないんですよ。

「交渉」が好きなんです(笑

んー、楽しみ!

今月末は神田の古本市!http://jimbou.info/news/furuhon_fes_index.html
行ってきますよ、仕事をさぼってね!(笑


楽しみだー^^
[PR]
by f-yume | 2009-10-01 20:27 | 読書
Twitter / koiwazurai
漫画ほど更新頻度だ高くないから、切ない。


こんばんは。

貴女のkotoyoです(挨拶

どうでも良いことですが、こんばん「は」よりこんばん「わ」の方が好きです。


僕の好きな古典部シリーズ最新作が今年の秋くらいに発売らしい。

もうそろそろ秋なのですが、発売はされるのでしょうか。

とはいえ、漫画ほど「まだか!」という気分にもならないので助かります。

まだまだ面白い小説はたくさんありますからね。

**************


今日は特にブログに書くようなネタもありません。

いけませんね。

カメラマンたるもの、もっと世間に目を向けて様々な物を見つけられる感受性を身につけなければいけないと言うのに。

すみません、そんなことを微塵も考えていませんでした。

とりあえず46番目の密室 を読みたいと思います。
[PR]
by f-yume | 2009-09-18 20:54 | 読書
Twitter / koiwazurai
小中学校は自他共に認める本の虫だったと思います(挨拶

しかし、高校に入ってからはぱったりと読むのを止め、そのあとは高校三年くらいの時に就職を決めた時点で
授業中1限から6限くらいまで本を読んでいた私です(笑)

そのせつは大変お世話になりました。
某農業学校の先生の皆様。

漫画ではなかったので、怒られることはなかったような。

なんだかよく覚えていませんが、柴門ふみのエッセイと、古典文学を読んでました。
尚、一番厚い本はジョン・グリシャムの「処刑室」だったのは覚えています。

確か1週間くらいかかったハズ。

あれを読んでいたら先生に奇異な目で見られましたね。何故だ。

起伏の無い感じでしたが、差別問題や死刑について等結構面白かったです。多分。


少し話しがずれましたが、社会人になってからは忙殺という言葉どおりに本を読むどころではなく(睡眠時間が絶対的に足りなくて会社で昼休み寝ていたら怒られたりしたなぁ)、まじめに読み始めたのは昨年の8月頃。

ようやく、120冊を超えたようです。

目指せ、年間200冊。

最近は有栖川先生の作品を読んでます。
国名シリーズは読み終わったので、学生有栖川シリーズを読みたいな。

これを読んだら京極作品の「邪魅の雫」です。

っても、まだ積読が多いので年内中に片付けたい・・・・orz
[PR]
by f-yume | 2009-09-17 21:01 | 読書
Twitter / koiwazurai
c0163330_16383167.jpg


会津の飯盛山には「さざえ堂」という奇妙な建物があります。

詳しい説明はWiki先生に聞いてみよう!

写真に写っているのは建築探偵・桜井恭介シリーズ短編集「桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社ノベルス)

この小説に「さざえ堂」が出て来るのです。

今まで、見てはいたのですが足を踏み入れたことが無かったので、今回は立ち寄ってみました。
c0163330_17322184.jpg

修学旅行生でたいていはごった返しています。

作中に使われる「トリック」の部分が確認したかったので、見てきましたYO!

暗くてわからない、という設定だったので気になってたのですが明るいとトリックがよくわかりますね。

c0163330_17352695.jpg


ここに行かれる方は是非小説も合わせ読んでください。

ついでに。

c0163330_1738982.jpg


「飯盛山近辺でおいしいラーメン屋さん無いですか?」

と、聞いたところ「とらぞう」が美味しいらしい、と聞いたので食べてきました。

スープは煮干でしょうか。
私はラーメンでこの煮干系の物は美味しいと思わないので、この時点で駄目でした(笑

ラーメンほど好みが出るものは無いですからね。
好きな人は良いのでは無いでしょうか。

福島は他にもソースカツ丼が美味しいらしいので、次はそっちにしましょう。

あ、この飯盛山はお店によって値段がぜんぜん違うので、わからない方はもっと違う場所でお土産を買ったほうが無難です。
恐ろしいキャッチのおばさんが多いですので(笑

ちなみにこの日は飯盛山近辺で小学生を向かえ撮っていたので、他の場所には行ってません。
と、いうかそんな余裕は無いです。


と、たまには写真の多いブログにしてみました。

普段は何故写真を載せないかというと、

写真を編集するのが面倒なんですよ!(笑
[PR]
by f-yume | 2009-09-15 17:52 | 読書
Twitter / koiwazurai
c0163330_12223944.jpg


森見登美彦氏の「恋文の技術」を借りてきました。


大好きな森見さんの作品なので、2ヶ月くらい待ちました。

いやー、人気作品。

そしてみんな期日以内に返すのだ。


んで。

何にも考えずに借りてきたのですが、家に帰ってきてから思いました。



・・・・・ひょっとして、受付の方に勘違いされたのでは無いかと。
[PR]
by f-yume | 2009-08-04 12:25 | 読書
Twitter / koiwazurai
ずっと積読状態だった「陰摩羅鬼の瑕」を読みますよ!
京極堂シリーズはまだ読破していないので、がんばって読むぞ!

「姑獲鳥の夏」も読み直そうかな?

夏に、夏のテーマの作品を読むっ。
楽しいですね。

普段は自分の部屋で仕事をしているのですが、ちょっと気分転換も兼ねて別な部屋でお仕事中。

ラジオを聞きながらお仕事です。

環境をたまに変えて仕事をするのって大事ですよね。

さて、さくさくやりましょう。
[PR]
by f-yume | 2009-07-26 12:03 | 読書