Twitter / koiwazurai

包丁を研ぐ。

イナダを捌くために(挨拶

-
木の香のする新しいまな板を渡し
鰹でも 鯛でも 鰈でも よい
丸ごと一匹の姿をのせ
よく研いだ包丁をしっかり握りしめて
力を手もとに集め
頭をブスリと落とすことから
教えなければならない
その骨の手応えを
血のぬめりを成長した女に伝えるのが母の役目だ

<儀式:石垣りん>より一部抜粋
-


・・・・上の詩はあまり関係ありません、好きなだけです。
興味のある人はこちら

で。

昨日、魚を捌きました。

24歳にして初ですね。

さすがに魚が切り身で泳いでいると勘違いをしたことはありませんが、魚を捌く事などした記憶が無い(無かったと思う)私。

刺身が安くたくさん食べたいという安直な理由で、サクサク捌いておいしくいただいた訳です。

で、その際に。

我が家の包丁が全く切れん!!!!!

切れない包丁は非常に危険ですね、余計な力が入ると危ない事この上ない。

料理はしないくせに、包丁を研ぐのは好きな私。

たまに気が向いたときに研いではいたのですが、昨日改めて確認したら刃先がかなり丸くなっていました。

こりゃもう自分で研ぐには相当な労力が必要だな、と判断。

お店に研いでもらいに行きました。

たまたま昔住んでいた付近を通ったときに、お店(個人の家でしょうか)で

「包丁を研ぎます」

という手書き張り紙。

とりあえず何も考えずに出してきました。

「明日の午前中にはできるよ」

と、人の良さそうなおじいちゃんが仰っていたので明日仕事終わった後に取りに行ってこようと思います。

そしてまたイナダを捌こうと思います。



ちなみに研ぎ料は300円。

きっと趣味で研いでいるんだろうなぁ。

多分タバコ代な気がします(笑
[PR]
by f-yume | 2008-09-26 18:58 | 雑談