Twitter / koiwazurai

ぱぴーりなっくすの話。

以前、ブログの記事にもしたPuppyLinux。

Windowsが大嫌いですが仕方なく使っている私。

非常用PC兼実験台のPCG-Z505GR/Kにパピーリナックスを入れるべく奮闘をしていたのですが、うまく行きませんでした。

主な理由。

「外付けCDドライブを持っていないから」

以上です。

正確には「純正の外付けCDドライブ」です。

SONY純正のCDドライブじゃないと起動ドライブに指定できないんですよね。PCG-Z505GR/K。

ハッキリいってすげぇ困るわけで、なにかあってもOSを再インストールできないんですよ。

とりあえず非常用ですし、1年くらい動いてくれれば良いので純正ドライブを買う気にもならず。

どうしたものかなぁ、Windows側からPuppyを入れる方法無いものかと検索していたらあっさり見つかりました。

http://shino.pos.to/linux/puppy_grub4dos.html#longmenu


↑とてもわかりやすくて簡単でした。

パピーリナックスのCDイメージをCドライブの下にコピーして、bootの設定を少し書き換えて、grldrをダウンロード&Cドライブにコピー、menu.lstの記述を上のWebからコピペで作ってCドライブにコピー。

再起動→Puppy起動。

超簡単。

最初、何故かマウスポインタが表示されなくて困ったのですが、X-Windowの起動設定を変えたら問題無く起動。

これで軽い早いOSでサブPCを使うことができました!

んで、「Wine」というソフトを入れればPuppy上でWindowsのソフトも使えることが判明。

Photoshopがどうしても使いたかったので(GIMPはどうも使い方がわからん)、Wineを入れてみる。

こちらはPetパッケージがなかったのですが、どこかのWebでPetパッケージの書き方が書いてあったのでそこを参考にサクッと作成。

無事、起動もおk。

色々勉強になりました。

自分用のメモ(笑
[PR]
by f-yume | 2009-06-09 22:43